段差解消機☆購入6サイト


TOP > 段差解消機について > バリアフリー工事より段差解消機がおすすめの理由

バリアフリー工事より段差解消機がおすすめの理由

 足が不自由な方が住んでいる場合、バリアフリーの工事が検討される事があります。
特に一戸建て住宅は、それが検討される事が多いです。
マンションと違って、一戸建て住宅は段差が多いです。
マンションの場合はエレベーターも設置されていますから、足が不自由な方でも問題なく移動できる事が多いです。
しかし一戸建て住宅には多くの段差があるので、やや移動しづらい傾向があります。
バリアフリーの工事を行えば、住宅の床面をフラットな状態にできる訳です。
ただバリアフリー工事を検討しますと、費用の問題点が浮上するケースがよくあります。
工事料金は、かなり高くついてしまう事が多いからです。
もしも費用が気になる時は、段差解消機も検討してみる価値があります。
バリアフリー工事と比べると、その機械の方が安く済む事も多いからです。

 バリアフリー工事は、たいてい100万円ぐらいかかります。
工事の内容次第ですが、それほど広くない一戸建て住宅に対する工事なら、料金は100万円台前半になる事が多いです。
敷地面積が広い住宅ですと、料金は更に高くなります。
状況によっては、費用が500万円台になってしまう事もあります。
それに対して段差解消機は、費用はかなり低く抑えられる事が多いです。
その機械の場合は、たいてい数十万円前後で買う事がきます。
段差解消機は通販サイトでも販売されていますが、40万円台や50万円台の製品もよく見かけます。
しかも段差解消機の場合は、補助金のメリットがあります。
その機械を設置する工事を行った時は、自治体に申請手続きを行えば、補助金が支給される事が多いです。
ですから費用を節約したいなら、バリアフリー工事よりも段差解消機がおすすめです。

 またバリアフリー工事には、期間のデメリットがあります。
完成済みの住宅に対するバリアフリー工事は、日数はかなり長くなります。
工事の内容次第ですが、数週間ぐらいかかるケースが多いので、しばらくの間は移動に不自由してしまう事も多いです。
ところが段差解消機の場合は、数週間もかかる事はまずありません。
確かにその機械を設置する際に、レールや配電設備などを設置する工事は行われます。
しかしその工事も、あまり長くかかりません。
せいぜい1日程度で工事は完了してしまいます。
工事は、早く済むに越した事はありません。
ですから一戸建て住宅の段差の悩みを解消したい時は、バリアフリー工事というより、段差解消機がおすすめです。
ただ段差解消機も色々な製品があります。
各社の製品をよく比較して、一番使いやすい解消機を選ぶと良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ