段差解消機☆購入6サイト


TOP > 段差解消機について > 住宅に手を加える必要はない段差解消機

住宅に手を加える必要はない段差解消機

 階段の昇降などの悩みを解消したい時には、工事が検討される事もあります。
いわゆるリフォームです。
例えばバリアフリーのリフォームなどは、よく検討されています。
住宅の床面に段差がある状態では移動しづらいので、床面をフラットにする工事も検討される訳です。
足腰が弱い方がいる場合は、確かにバリアフリーのリフォームも悪くありません。
ただリフォームには1つデメリットがあって、建物に対する工事が必要です。
状況によっては、建物の一部を削り取る工事もありますし、かなり大掛かりな工事になる事もあります。
そして工事が行われている間は、住宅の一部を使用できなくなってしまう事も多いです。
階段に関するバリアフリーの工事が行われている間は、階段で移動する事はできません。
その点段差解消機はとても便利です。

 移動しづらい場所がある時は、据え置き型の段差解消機を設置してみる方法があります。
据え置き型は、比較的簡単に移動できる特長があります。
いわゆるエレベーターのような機械を設置する事になるので、移動しやすくなります。
そして据え置き型の機械を設置する分には、特に複雑な工事が行われる事はありません。
床面に対して据え置き型の機械を移動し、設置するだけです。
バリアフリーのリフォームの場合は、そうではありません。
床面をフラットにする為には、特殊な機械を使用して住宅の一部を加工する必要があります。
しかも工事は時間がかかります。
数週間ぐらいは生活に不自由してしまう事もありますが、段差解消機には工事がありませんから、その点も問題ありません。
ですから段差が気になる時は、リフォームというより段差解消機がおすすめです。

 ただ例外もあります。
段差解消機と言っても色々な種類があり、中には埋込型というタイプもありますが、ちょっとした工事が必要です。
段差解消機が動かないようにする為に、工事は行うことになる訳です。
具体的には、ピット工事が行われます。
床面に対する加工を行い、解消機がしっかり固定されるようにする訳です。
ですがバリアフリーの工事のように、日数が長くかかる訳ではありません。
長くても数日程度ですが、たいてい1日で完了します。
しかもバリアフリーのリフォームと違って、費用も安く収まる傾向があります。
段差解消機ですと、数十万円ぐらいで収まるケースも多いですが、バリアフリーは100万円以上かかる事が多いです。
費用のメリットも大きいので、多くの方々は段差解消機を住宅に設置しています。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ