段差解消機☆購入6サイト


TOP > 段差解消機について > 段差解消機と工事の費用に関するメリット

段差解消機と工事の費用に関するメリット

 車椅子で移動していると、ちょっとした段差が大きなハードルになります。
例えば通り道に石などが転がっていると、そこを通過するのも大変です。
車椅子では、石を越えられない事も多いからです。
また車椅子で移動するなら、階段も難関の1つになります。
階段のような構造になっていると、車椅子では移動できません。
このため階段がある場所によっては、工事が検討される事もあります。
階段のままでは車椅子で移動できませんから、何らかの工事を行わなければなりません。
工事は主に2つの選択肢があって、階段をスロープにするか、段差解消機です。
後者の段差解消機は、エレベーターのような装置になります。
まずは車椅子で、その装置の上に乗ります。
所定のスイッチを押せば、車椅子でも問題なく移動できる訳です。

 しかし階段がある場所は、スロープの状態にする事もできます。
いわゆる坂道の状態にすれば、車椅子でも移動できるようになるからです。
このため工場を検討しますと、スロープ工事と段差解消機のどちらにすれば良いか迷ってしまう事があります。
もしも費用が気になる時は、後者の段差解消機がおすすめです。
スロープ工事と比べれば、費用は低く抑えられる傾向があります。
一見すると、スロープ工事の方が料金は低めになってはいます。
スロープ工事では200万円かかるものの、段差解消機は230万円といった具合です。
見た目の費用だけを基準にすれば、スロープ工事の方が安く見えますが、実際はそうではありません。
というのも段差解消機の場合は、自治体に相談できるからです。
それで費用を安く抑えられるケースも、多々あります。

 各自治体には、バリアフリーの工事に関する補助金の制度があります。
自治体に対する申請手続きを行えば、工事費用の一部が負担される訳です。
例えば工事料金が130万円だったとしても、補助金で10万円ほど支給されるケースもあります。
というのも各自治体としては、バリアフリーの工事を支援しているからです。
足が不自由な方でも問題なく移動できるように、支援している自治体は多いです。
それで段差解消機の場合は、たいてい助成金の対象になります。
色々な書類も提出する必要はありますが、所定の条件さえ満たしていれば、たいていお金が支給されます。
その支給額分を差し引きますと、かえってスロープ工事よりも安く収まる事も多いです。
ですから費用を低く抑えたいなら、スロープ工事というより段差解消機がおすすめです。

カテゴリー

ページトップへ