段差解消機☆購入6サイト


TOP > 段差解消機について > 階段が多い病院に段差解消機を設置

階段が多い病院に段差解消機を設置

 足腰が不自由な方々は、しばしば医療機関に訪れています。
医療機関で治療を受ければ、足腰の状態も良くなる事も多々あるからです。
ただ医療機関によっては、少々移動しづらい事があります。
例えば階段です。
病院によっては長い階段がありますから、足腰が不自由な方々からすると、移動するのも少々大変です。
このため多くの病院では、患者の為に工事を検討している事もあります。
例えばエレベーターの工事です。
階段でなくエレベーターで移動できる状態にすれば、足腰が不自由な方でも移動しやすくなります。
ただエレベーターの工事を行う場合は、費用もかかります。
建物に対する改装工事を行う都合上、かなり費用が高くついてしまう事も珍しくありません。
そうかと言って階段が多いと、患者の方々が困ってしまいます。

 ところで建物を移動しやすい状態にする方法は、何もエレベーター工事だけではありません。
段差解消機という方法もあります。
小型のエレベーターのような機械ですが、それを建物に設置すれば、足腰が不自由な方でも移動しやすくなります。
階段が多い病院の場合は、一旦はレールが取り付けられる事が多いです。
その後で専用のシートを取り付ければ、スイッチ1つで階段を楽に移動できるようになります。
移動する際に足腰を使う必要もありませんから、患者にとっては非常に楽です。
何よりも、段差解消機には費用に関するメリットがあります。
エレベーターの工事と比べれば、かなり費用は安く収まる傾向があります。
エレベーターの場合は、壁に穴を空けるケースも多いので、どうしても費用が高くついてしまいます。
それよりも、段差解消機の方が格安です。

 また病院の診察に関するメリットがあります。
確かに病院にエレベーターを設置する事も可能ですが、工事が行われている間は、診察自体が難しくなりかねません。
工事が行われている間は、病院の一部の箇所に立ち入る事ができませんから、一旦診察の受け付けをストップするケースもあります。
しかも工事の内容によっては、かなり日数が長くかかる事もあります。
工事の規模によっては、それこそ1ヶ月以上かかってしまう事もあります。
それに対して段差解消機は、工事はそこまで長くかかりません。
階段に対する工事を行うにしても、せいぜい2日や3日程度です。
建物の状況によっては、そもそも工事自体が不要な事もあります。
工事の日数が短く済む方が、病院としては大変助かります。
ですから多くの病院では、エレベーターでなく段差解消機の設置を検討しています。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ