段差解消機☆購入6サイト


TOP > 段差解消機について > 2階への移動が楽になるメリットがある段差解消機

2階への移動が楽になるメリットがある段差解消機

 足腰に関するトラブルが発生すると、お手伝いが必要になってしまう事があります。
それで気づかいが必要になり、困っている方も少なくありません。
例えば腰痛です。
ふとした拍子に腰が痛くなってしまうケースは、決して珍しくありません。
状況によっては、それこそ移動自体が困難になってしまう事もあります。
中でも大変なのは、階段移動です。
多くの一戸建て住宅には、階段があります。
段数が多いと、上まで登るのも一苦労です。
自分1人では上まで行く事ができませんから、どうしても家族などのお手伝いが必要です。
介助者に手伝ってもらって、2階部分まで移動しなければなりません。
2階に行きたいだけなのに、毎回家族の手助けが必要ですと、気遣いしてしまいます。
それが気になっている方々は、しばしば段差解消機の設置を検討しています。

 段差解消機は、階段部分に設置されるケースも多いです。
たいていは階段にレールを取り付けて、専用シートなどを設置します。
それで腰痛になってしまった方が2階に行きたい時は、まずは専用シートに着席します。
そして所定のスイッチを押せば、自動的に専用シートが上の階に移動してくれますから、わざわざ誰かの手を借りなくても2階に行けるようになります。
ただし段差解消機を使用したいなら、階段に対する工事は必要です。
レール取り付けの工事などを行いますから、1日ほどは階段を利用できない状態にはなります。
しかし一旦工事を済ませておけば、わざわざ介助者の手を借りなくても移動できますから、毎日の生活は便利になります。
ですから腰痛になってしまった時などは、段差解消機が設置されている事も多いです。

 ただし階段を移動する目的で段差解消機を設置したいなら、電動式がおすすめです。
そもそも段差解消機には、複数の種類があります。
主に手動式と電動式があって、前者の手動式を使用したい時には、介助者の助けが必要です。
たいていはペダルやハンドルで動かす事になり、自分1人で段差解消機を動かせないデメリットがあります。
それに対して電動式は、腰痛を患ってしまった本人が動かす事ができます。
電動式の場合は、スイッチ1つで動かせるようになっていますから、わざわざ介助者の手を借りる必要はありません。
しかも電動式には、たいてい安全装置が取り付けられます。
いざという時には自動的に停止されますから、安全面も問題ありません。
ですから腰の痛みが原因で解消機を設置するなら、電動式を選ぶと良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー

ページトップへ